外貨投資の種類

わたしたちが生活などを行う上で利用している通貨は日本銀行の発行している円になりますが、世界の国や地域ではその中央銀行などの発行しているそれぞれの通貨があり、日本の円をこうした外国の通貨である外貨に換えて投資を行うことを外貨投資と呼んでいます。

外貨を使った投資を全体で見た場合、日本という金融商品、投資商品の市場よりも当然広い範囲を持っていますので、日本国内の円を使った投資商品よりもたくさんの種類の外貨投資が行えます。

しかしながら、こうしたものを日本で取り扱うためには、金融商品に対する制度の違いや、言葉や時間といった問題、またその投資に対する地域的な経済知識、金融商品を取り扱う取引会社の信頼性の問題など、さまざまな要素や制約があるために、日本で行える多くの外貨投資は、日本の金融機関などが取り扱う金融商品を利用した投資になります。

それでも、外貨投資の種類は多く、例えば団体が資金を調達する際に発行を行う債券を利用した取引でも、社債と国公債の違いはもちろんの事、アメリカ、イギリスなど国の違いによってもその投資の特徴に違いがあることがほとんどです。

また、日本の円を外国の通貨に換えて預金を行う外貨預金の場合には、その国や地域の発行する通貨ごとに、金利の設定や日本の円との為替相場のレート変動の特性の違いなどもあるために、わたしたち投資家は、こうしたものの特徴を捉え、また自分の投資を行うスタンスやライフスタイルに合わせて、種類の豊富な外貨投資を考えていく必要があるのです。

外貨投資の場合、まずは大きく二つの区分に投資の種類が分けられることになり、そのうちの一つは日本の円と、その国の外貨との為替相場の変動や通貨の金利差などを利用して利益を求めていくものであり、もう一つは、そうした為替や金利の違いに加えて、その投資商品そのものの利益も求めていくものになります。

先の通貨そのものの為替差損益や金利を求めていく取引は、円を外貨に換えて預金を行う外貨預金、異なる2つの通貨を一つの通貨ペアとして銘柄にし、それを交互に売買取引していく外国為替証拠金取引であるFXなどがこうしたものの代表的な外貨投資になります。

これに対して、金融商品としてのものが存在し、さらに日本の円を外貨に換えてそれを取引していくものには、海外の社公債などを購入して資産の運用を行う外国債、同じように海外の企業の株式を購入し、これを保持して配当金を受けたり、売買取引を行ってその相場差益を求めていく外国株式、金融商品の取扱会社に資産を信託し、それを受けた取扱会社のプロ投資家が、海外の様々な投資商品に投資を行って利益を出し、その利益を分配する外国投資信託などがあります。