外貨建て投資信託

日本国内の金融商品にも投資信託というものがありますが、日本の円ではなく外国の通貨で海外の投資信託を利用したものを外貨建て投資信託と呼んでいます。

この外貨投資では、外国の通貨で行われますがその金融商品の取り扱いの多くは日本の証券会社などで行っていますので、購入や売却などは基本的には日本の通貨である円で行われることが一般的になっています。

投資信託になるために、わたしたちは証券会社に投資する資金を預けるだけになりますが、その先ではプロの投資家が様々な種類の投資を行って私たちの資金を運用しており、外国の株式に投資するものや、外国の債券に投資するもの、外貨の為替取引に投資を行うものなど、その内容は多岐にわたる上に、その投資の難しさや得られる利益の大きさなどによって、いろいろな商品として分けられてわたしたちに提供されていることがほとんどになります。

こうした外貨建て投資信託では、わたしたちに海外の投資の知識がなくともプロの投資家が最善で適切な方法をもって資産運用を行ってくれますので、外貨で直接に外国株式での投資を行ったり、為替取引を行うなどはリスキーであると感じている投資家にとっては、比較的難易度が低く外国の投資取引と接することができるものになるでしょう。

わたしたちが直接に外貨を使った海外株式の投資などを行うよりも、はるかにそのリスクは低くなっている外貨建て投資信託ですが、やはり投資取引である以上はそこにリスクも存在しています。

外貨建て投資信託の外貨投資では、二つの種類の取引上のリスクが存在しているために、これをまず理解する必要があります。
このうちの一つは、為替リスクというものになり、これは日本の円から外国の通貨に交換を行って投資信託を行っている、つまり外貨建て、という部分においてのリスクになります。

外貨建てになりますので、日本とその国の通貨の相場において円安の状態で取引を開始し、円高の状態で取引を終了して、通貨を外貨から日本円に戻せば、そこに為替差損が発生して得られた利益が減少してしまったり、場合によっては利益がすべて失われ、元本も減ってしまう可能性もあります。

しかし、逆に円高の状態で日本の円を外貨に換えて取引を開始し、取引が終了して外貨を日本の円に戻す際の相場が円安であれば、投資取引で得た利益よりもさらに大きな為替差益をも利益の載せる事が可能になります。

もう一つのリスクは投資対象のリスクとなり、信託をしている投資取引自体が、経済危機などを原因にして利益を出すことができなくなることによって思っていたような利益を上げられなかったり、損失を被ったりするリスクの事になります。