含みに入れておきたいリスク

日本の通貨を外国の通貨に交換し、様々な形での投資取引を行うものを外貨投資と言い、日本での取引よりも有利に投資を展開することができたりするという利点があります。

特に海外の投資には高い収益を見込める金融商品が数多くあり、また世界的に見ても稀な低さである日本の金利よりも、海外の通貨の金利のほうが大きくなっているために、こうした事から外貨投資には人気が集まっている点があります。

また、これ以外でも日本国内の経済リスクなどに対しての影響を受けないなどの利点があることなどから、この外貨投資を利用している人は日本国内にも多くいます。

しかしながら、日本国内での投資取引ではないという事から、あらかじめ考えて含みに入れておきたいリスクというものも存在しているという事を忘れてはいけません。

まずはじめに、外国の通貨に交換しその外貨で外国の投資商品、金融商品などを利用して投資を行った場合には、日本での投資取引と同じようにその商品のそれぞれのリスクを考えなくてはなりません。
こうしたものには、その商品を扱う業者の信用や、資産の保全方法、取引としての公正性、投入した資金の流動性や価格変動の推移や金利などになり、こうしたものを徹底的に調べておくこと、またそれらの対して何らかのことがあった場合に、いろいろな対応が取れるサポート体制はどうなっているのかなど、実務レベルで発生するであろうリスクについて考えておく必要があります。

このうちの信用リスクは、その投資商品を扱っている会社の運営に対するリスクになり、こうした会社の運営の状況が悪化している場合には、投資した資金が戻ってこなかったりする、債務不履行になるリスクなどがが得られますので、その会社の経営状態や信頼度をしっかりと確認しておかなくてはなりません。
特に海外の会社である場合には、日本の金融庁などの規制や登録が行われていませんので、それ相応の信頼があるのかどうかを調べておく必要があるでしょう。

こうした投資商品そのもののリスクの他にも、外貨投資全般に言えるリスクがあり、それが為替リスクとカントリーリスクになり、カントリーリスクは通貨を交換した国が戦争に巻き込まれたり、国の情勢が悪化して経済的に不安定になるなどして起こる、その国特有のリスクになります。

また、為替リスクは、日本の円から外貨に、外貨から日本の円にと両替などを行った際に対する、為替相場の変動による価値の変化によるリスクになります。
為替相場の変動は、平日であれば24時間いつでも取引が行われて変わり続けていますので、何らかのきっかけで経済危機のようなことが起これば、為替相場が大きく変動してしまい、利益を大きく損ねるどころが、投資金が目減りするような状態になる可能性があるのです。