日本の円を外貨に換える

日本の円を外国の通貨に換えて行う外貨投資では、為替相場の変動による利益や損失が大きく絡んでくることになるために、常に注意が必要になります。

特に初心者の投資家や、資産を運用するために投資自体を信託会社に任せているような場合には、日本の円を外国の通貨に換えた際の為替相場のレートと、投資が終了し利益が戻ってくる際に、外国の通貨から日本の円に換える際の為替相場のレートに注意をしておかないと、せっかくの利益が目減りすることになったり、場合によっては損失になってしまうこともあるのです。

通貨の為替相場のレートを決定しているものは、外国為替市場になり、この為替相場の変動が、それぞれの通貨の相場を決定することになっていますので、これに注目していくことによって、為替の動きを理解することができるようになります。

外貨投資の場合には、その通貨に対して円の価値が安くなっているのか、円の価値が高くなっているのかがその判断の鍵になります。

例えば、日本の円とアメリカの米ドルの間に1ドル100円という相場があったとします。
この1ドル100円を基準として定めた場合、円安というのは、1ドルに対して円の価値が下がることになるために、1ドル120円のような状態になることを指します。

一見すると100円から120円に代わっているために、円が高くなったように見えますが、ドルに対しての価値になるために、数字が高くなればなるほど円の価値が下がっていくことになる、つまり円安になるのです。
1ドル100円の時は、10ドルのぬいぐるみが1000円で買うことができるのですが、1ドル120円になれば1200円を出さなくては買えなくなってしまい、円の価値が下がってしまうのです。

一方、1ドルが100円から80円になった場合、この場合には円高という事になり、ドルに対して円の価値が高まったことになります。
この場合は、10ドルのぬいぐるみが1000円していたところが、800円で買えることになり相対的に円の価値が上がる、つまり円高になっているのです。

外貨投資を行う場合には、日本の円を外貨に換える場合には、円高の時を狙い、逆に外貨を日本円に戻すときには、円安の時を狙うのが基本となります。
先の例で言えば、円高である1ドル80円の時に、800円を出して10ドルと交換をしておけば、円安になって1ドルが120円になった時に、先ほどの10ドルを円にもどせば1200円になることになり、差し引きで400円の利益が出ることになるのです。