投資の全くの初心者

外貨を使った投資取引である外貨取引を行う場合で、もし投資の全くの初心者である場合には、銀行や証券会社などに金融商品として取り扱いがある、外貨預金や外貨建ての投資信託などを選択するのが良いでしょう。

この外貨預金や外貨建ての投資信託の最大の特徴は、資金を投資した後は、わたしたちが何をしなくとも利益が生み出されていく可能性が高いという点にあります。

外貨預金は、日本の円を外国の通貨に換えておき、これを預金することによって利益を得ていくものになりますが、そのメインとなるものは外貨に設定されている高い金利になります。
日本の銀行などに普通に預金をしたり、定期預金などを行ったとしてもそこから得られる利益である金利は、極めて低いものとなっています。
これに対し、海外の通貨の持つ金利は日本の金利よりもはるかに大きくなっているために、日本の円をその高い金利の外貨に変更をしておくだけで、そこから高い金利を利益として得る事ができるのです。

また、円を外国の通貨に換えているために、日本の円に再び戻す際に、外国為替市場の為替相場の具合によっては、為替差益による利益を出すことも可能であり、例えば日本の円とアメリカの米ドルで考えた場合、1ドル100円の為替相場で1000万円の外貨預金で投資すれば10万ドル分の預金をすることになります。

これを日本円に戻す際に、1ドル150円になっていれば戻ってくる金額は日本円で1500万円になることになり、こうした事でも大きな利益を出す可能性があるのです。

一方のが外貨建ての投資信託であれば、銀行や証券会社がわたしたちの資金を取りまとめて、プロの投資家によって幅広い投資取引にて利益が出るように調整された投資が行われ、これによって得られた利益が、わたしたちに分配されることになっています。

こうした事により、外貨建ての投資信託の場合には、わたしたちになんの投資の知識がなくとも、プロの投資家が投資を行ってくれますし、また一人ではなかなか取り扱って管理することができない、さまざまな投資に対して同時に資金の投入を行ってくれるために、そのリスクを大幅に下げる事ができるのです。

こうした外貨取引を利用すれば、投資や外国通貨に対しての知識がない初心者わたしたちであっても、比較的安定した状況で外貨投資を行うことができます。
こうした事から、ある程度の資産の余裕があるのであれば、こうした外貨建て投資信託を利用したり、外貨預金などを利用して、ゆったりと資産を運用していくのが良いでしょう。