銀行での取り扱い

銀行での取り扱いが多くされている外貨投資は、外貨預金が代表的なものになり、銀行が証券会社の業務も執り行っている場合には、外貨MMFといったものなどもよく利用されている外貨投資になります。

外貨預金は、わたしたちが外貨に投資をおこなうための金融商品としては、比較的ポピュラーなものになり、日本の通貨を外貨に交換してそれを預けることによって日本の金利よりも大きな金利を得て、資産を運用していくことを目的としたものになります。

外貨預金には、外貨普通預金と外貨定期預金、外貨貯蓄預金などの種類があり、同じ絵画による預金であってもそれぞれに少しずつ違った特性を持っています。

外貨普通預金は、外貨に交換して預金を行うという以外はほとんど日本の普通口座との取引と変わらず、いつでも預金の預け入れと引き出しが可能になりますが、比較的に金利が低めに設定されていることがほとんどです。

これに対して外貨定期預金は、引き出しが行えないなどの制限が大きいものになるのですが、その分高い金利によって大きな利回りが期待できるのが特性になります。

また、外貨貯蓄貯金は一定の期間を経過したのちには、普通口座と同じように預金の預け入れと引き出しが可能になるものになりますが、預金している残高の大きさによって金利の設定も変動していくために、少しずつ預金を積み立てていくことによって、大きな金利を利益として受け取ることが可能となっているのです。

こうした外貨預金の他にも、銀行が証券会社の業務も執り行っている場合には、外貨MMFという外貨投資を行うことも可能となっています。

外貨MMFは投資信託の一つとなり、海外の安全性の高い債券などを利用して行われる投資に資金を投入して資産を運用してもらい、そこから得られた利益を受け取るというものになります。
投資信託の一種になりますので、万が一の場合には元本割れをする可能性という投資信託としてのリスクは持ち合わせていますので、こうした点にも注意をしておくことが必要です。

また外貨MMFのもう一つの特徴として、預け入れた資金が固定されず、その流動性の高さが上げられます。
外貨定期預金などと違い、預け入れをした翌日からでも解約の手数料などがなくとも、すぐに解約ができるという点があげられますので、万が一に手元に現金が必要になった場合でも、円滑に対応することができるのです。

外貨預金にしても外貨MMFにしても、日本の円を外貨に交換しての取引になりますので、日本とその外貨との為替相場の変動に対する考えはしっかりと理解しておく必要があり、その為替相場の動きによっては損失や利益を被ることがありますので、外貨投資を行う際の知識として押さえておくのが良いでしょう。